R3 mini DV。 操作指示。

| 日本語 | R3 |
| En | Fr | De | It | Ru | Nl | Es | Da | Sv | Pt | Pl | Hu |

 

 

R3 mini DV

1. 使用する前に

► TFカードなしでカメラを起動すると、赤と青のインジケータが同時に5秒間点滅した後、カメラは自動的にシャットダウンします。

 

► 動作モードなしでカメラを起動すると、カメラは1分後に自動的にシャットダウンします。

 

1.1製品の構造
1.ミニUSB
2. TFカードスロット
3.アタッチメント用のノッチ
カメラポート
5.インジケータライト
6.オン/オフボタン
7. Mボタン
8.赤外線IRナイトビジョンランプ

 

2. 基本的な手順

2.1充電方法
カメラに内蔵されている充電式リチウム電池は、初めて使用する前に充電してください。

 

メソッド:
1.カメラをコンピュータに接続し、USBケーブルで充電します。
2.録音中に充電:外部USB 5V充電器またはモバイル電源サプリメントに接続します。

 

*充電すると、赤色のインジケータランプが点灯し、正常に点滅します。 赤色のインジケータランプが点灯しているが点滅を止めると、充電が完了したことを示します(バッテリが完全に充電されていることを30分以上確認してください)。

 

注意:バッテリーの電力が少なくなると、赤と青のインジケーターが同時に約5秒間点滅し、カメラは自動的にシャットダウンして保護状態に入ります(記録ファイルは自動的に保存されます)。カメラは この状態で請求される。

 

2.2 録音中の充電

TFカードを挿入し、USB 5V充電器またはモバイル電源補足をUSBケーブルで接続し、カメラの充電中にビデオの録画を開始します。
任意のボタンをクリックして録音を停止します。 または、バッテリーが切れるまでカメラは録画を続けます。

 

2.3リセット
マシンがクラッシュした場合、ボタンは正常に使用できません。«電源»キーと«M»キーを押してマシンをリセットすれば、正常に使用できます。

 

2.4電源オフ
ビデオ録画、写真撮影、モーション検出モードでカメラをシャットダウンする場合。 «On / Off»ボタンを約6秒間押して、カメラをシャットダウンします。 (表示灯は消灯しています。)スタンバイ状態では、1分後に自動的にシャットダウンします。

 

2.5時間設定
カメラはTFカードのディレクトリに自動的にTXTテキスト文書を作成します。 (写真として)カメラをシャットダウンし、カメラをUSBケーブルでコンピュータに接続し、TIMEREST.txtドキュメントを開きます。 編集し、必要な時間を文書に保存します。 ( "20160804174726 Y"のような)ビデオを撮影するためにカメラを起動すると、ビデオはあなたがtxtドキュメントに保存した時間透かしを表示します。 時間透かしが不要な場合は、同じ方法を使用できます。

 

例えば:
20150608192526 Y(透かしを入れる)
20150608192526 N(時間透かしはありません)

 

通知:
1. T-flash(Micro SD)カードを本製品に挿入してください。 カードにTF / SDカードが入っていないと、赤と青のインジケータランプが同時に点滅しても、カメラは正常に使用できません。
2.十分な光が当たっている環境で、レンズを50cm以上の距離に保ってください。 これにより、画像や動画は自然な色で安定し、風景がはっきりします。

 

2.6コンピュータに接続する
起動、スタンバイ、またはシャットダウンモードでカメラをコンピュータに直接接続することができます。 それは通常のUディスクとして使用することができ、あなたは通常通りにファイルをコピー/ペースト/削除することができます。
カメラをコンピュータに接続すると、数秒後にコンピュータがリムーバブルディスクのロゴを表示します。青のインジケータランプが点灯しているとき、コンピュータがUSBデバイスを識別してデータ伝送を実行できることを示します。 カメラが充電中、赤色のランプが長時間点滅しているときは、カメラが完全に充電されていることを意味します。

 

注意:
1.ユニットがコンピュータに接続された後、コンピュータが認識できない場合、または30秒後にリムーバブルディスクが取り出されない場合は、リセットして再試行してください。
2. TFカードリーダーを使用してビデオファイルを直接再生することをお勧めします.USB接続を使用してビデオファイルにマシンの内蔵メモリを直接保存すると、データが原因で伝送が続行できなくなります 大きすぎて再生がスムーズではないことがあります。

 

3. モード指示

3.1記録モード
1.カメラを起動し、スタンバイモードに入ります。 (青色のインジケータライトが点灯しています)
2.電源ボタンをクリックします(青いインジケータランプがゆっくりと点滅します)。1080P HDビデオの録画を開始します。
3.ビデオは、5分ごとにセグメント化されたビデオとして安全なビデオになります。 十分なストレージがない場合、ビデオはループでカバーされます。
4.もう一度電源ボタンをクリックして録音を停止し、スタンバイモードに戻ります。
5.録画モードで長時間電源ボタンを押すと、カメラがシャットダウンします。 録音ファイルは自動的に保存されます。

 

3.2赤外線モードの記録
1.カメラを起動し、スタンバイモードに入ります。 (青色のインジケータライトが点灯しています)
2.電源ボタンを押します。 (青のインジケータランプがゆっくりと点滅します)1080P HDビデオの録画を開始します。
3. RECORDING MODEの下の«M»ボタンをクリックして、赤外線モードを開始します。 (青いインジケータランプがすばやく点滅しています。)
4.«M»ボタンをもう一度クリックすると、通常の記録モードに戻ります(青のインジケータランプがゆっくりと点滅します)。

 

3.3写真撮影モード
1.カメラを起動し、スタンバイモードに入ります。 (青色のインジケータライトが点灯しています)
2.«M»ボタンをクリックして写真撮影を開始します。 (赤と青のインジケータライトが同時に開かれます。)
3.「電源」ボタンをクリックするたびに写真が撮られます。 (クリックするごとに赤いインジケータが点滅します)
4.写真は12M(4032 * 3024)として自動的に保存されます。
5.«電源»ボタンを長押しすると、カメラがシャットダウンします。

 

3.4動き検出モード
1.ミニTFカードを挿入し、電源ボタンを押してカメラがスタンバイモードになっていることを確認します。 (青色のインジケータライトが点灯しています)
2.«M»ボタンを3秒間押して、モーション検出が機能するようにします。 (赤のインジケータランプが点灯し、ゆっくりと点滅します。)
3.カメラが物体の動きを検出すると、カメラは記録を開始します。 (赤いインジケータライトが点灯し、すばやく点滅します。)オブジェクトが動かない場合、カメラは録画を停止します。 (赤のインジケータランプが点灯し、ゆっくりと点滅するまでの時間)。

 

3.5動き検出赤外線モード
1.動き検出モードの下で«M»ボタンをクリックして、赤外線モードを開始します。 (赤と青の光が交互に点滅します。)
2.«M»ボタンをもう一度クリックして、モーション検知スタンバイモードに戻ります。 (赤のインジケータランプがゆっくりと点滅します。)

 

3.6 TV-OUTモード
USB TVケーブルでテレビに接続し、テレビを起動してテレビ画面から画像を見ることができ、その間に画像、ビデオ、オープンモーション検出モードを取ることができます。

 

4. パラメーター

4.1関連パラメータ
ビデオフォーマット:AVI
ビデオコード:M-JPEG
解像度:1920×1080P
フレームレート:30fps
比率16:9
解像度:12M(4032×3024)
画像フォーマット:JPG
動き検出:サポート
電池の種類:大容量リチウムポリマーを内蔵
バッテリー容量:450mAh
作業時間:2.5時間
電圧:DC-5V
メモリ:最大32GB
スピード:高速USB2.0
ポート:ミニ8ピンUSB
サポートシステム:Windows me / 2000 / XP / 2003 / Vista; マックOS; Linux
再生ソフトウェア:デフォルトソフトウェア

 

4.2ノート
電池を使用して充電するたびに、約2〜3時間充電してください。完全に充電されていることを確認するため、インジケータランプは30分後にできるだけ充電されます。
この製品は本物のHD DVであるため、製品の消費電力はパープルよりも大きく、亜鉛合金部品を使用したシェル材質であり、製品の使用により高温になることがありますので、通常の現象ですので、ご安心ください。 製品は長期間のテストを経ています。 製品の品質に問題はありません。

 

 

R3 WiFi mini DVユーザーマニュアル »

 

 

SQ11
Q7SQ11SQ8

 

SQ9MD81S-6Polaroid Cube +U8 USBBV01P9000SJCAM M10Mini A8

R3 Mini DV© «org-info.mobi»