M10 WIFIアクションカメラ

| 日本語 | M10 |
| En | Da | Nl | Ru |

 

 

M10 WIFI Action Camera

命令

M10シリーズは、妥協のない移植性を備えています。 優れた解像度と最新テクノロジーの組み合わせにより、最高のユーザーエクスペリエンスを実現します。 あなたの側にM10カメラを持っていない限り、戻って見ないでください。

 

外付けライト

次のランプは、説明されている操作を示し、いくつかの組み合わせで発生する可能性があります。

• 青色点灯: カメラの電源が入っています。
• 赤い点灯: カメラが充電器に接続されています。
• 青色の点滅 : カメラがビデオをキャプチャしています。

 

ボタン

• 電源/モード:カメラの電源を入れるときに押して離します。 モードを変更するには、押して離します。 カメラの電源を切るには、長押しします。
• シャッター/選択:ビデオの録画を開始または停止する、写真を撮る、メニュー項目を選択する、またはビデオ再生を制御するときに押します。
• 上下

- 押して離して、メニューをナビゲートし、セットアップで文字と数字を変更します。

- を押し続けると、セットアップのいくつかのメニュー項目を進めます。

- 長押しすると、録画モードまたはカメラモードで拡大または縮小します

- を押して離すと、ビデオの早送りまたは巻き戻し再生が実行されます。

 

バッテリー操作

• バッテリーカバーのラッチを引っ張ってカバーを開けます。
• バッテリーをカメラ本体から静かに取り外します。
• 付属のバッテリーチャージャーのみを使用するか、USBケーブルを使用してコンピューターに接続してバッテリーを充電してください。 車の充電器を使用してバッテリを充電することもできます。 消耗したバッテリーを完全に充電するには、3〜3時間半かかります。
• 充電が完了したら、バッテリーカバーを開き、バッテリーを挿入します。 露出した+/-極に触れないように注意し、電池を正しく挿入してください。
• 電源ボタンを3〜5秒間押し続けると、カメラの電源を入れたりシャットダウンしたりできます。


充電が完了すると、バッテリーは最大90分間の録画時間を提供します。 (カメラの電源が入っていてもしばらく使用していない場合は、電源を切って電池を節約します)。

 

ヒント:カメラを長期間使用しない場合は、電池を取り出して、日光を避けて乾燥した暗所に保管してください。

重要:カメラに付属の充電器以外の充電器を使用すると、バッテリーが損傷する可能性があります。 コンピュータに接続しているときにバッテリが充電されていない場合は、コンピュータの電源が入っていることを確認し、別のUSBポートまたはケーブルを試してください。 バッテリの充電に問題がある場合は、テクニカルサポートにご連絡ください。 電池をつぶしたり、穴を開けたり、分解したり、火をかけたりしないでください。重大な傷害が発生することがあります。 お住まいの地域の環境規制に従って、使用済みのバッテリーを処分してください。

 

メモリカードの使用

SJCAM M10は、最大32GBの容量を持つmicroSDおよびmicroSDHCメモリーカードと互換性があります。 性能と信頼性を高めるために、SJCAMはブランド名のメモリカードを使用することを推奨します。

 

• microSDカードを挿入するときは、カチッと音がするまでゆっくりとスロットに差し込みます。 microSDカードは一方向にのみ挿入できます。 メモリカードを挿入するのが困難な場合は、メモリカードが傷つくことがありますので、強く押し込まないでください。 それを裏返しにするか反対に向かい、もう一度やり直してください。

 

• microSDカードを取り外すには、手のひらや先端の細いものを使用し、microSDカードを静かにカメラ本体に押し込みます。 クリック音が鳴り、メモリカードがカメラ本体から飛び出します。

 

重要:メモリー・カードを取り扱うときは注意してください。 コネクタのピンに触れないようにし、液体、熱源、ほこりや磁性体のそばに置かないでください。 カメラの電源が入っている間は、メモリカードを抜き差ししないでください。 さまざまなまたは異常な気象条件でのメモリカードの使用に関する製造元の仕様およびガイドラインを参照してください。

 

バッテリー記号

• バッテリ充電記号は、バッテリを横切って左から右に移動するバーを示します。
• すべてのバーがいっぱいになり、移動が停止すると、バッテリーが完全に充電されたこと、またはカメラが充電器に接続され、バッテリーなしで動作していることを意味します。

 

 

ビデオ録画モードのアイコン

アイコンは、OSDモードが「オン」の場合にのみ表示されます。 OSDモードがオフになっている場合は、以下のようなアイコンは表示されません。

 

デフォルトの記録モードでは、次のアイコンが表示されます(左上隅から開始)。

 

• 黄色の円と数字:レコードモードが選択されています。 黄色の数字は、録画設定と使用可能なメモリに基づく残りのビデオ録画時間です。 黄色の円が点滅している場合は、赤と黄色の切り替えと00:00:00以降の赤色の数字がそのセグメントの録音時間を示します。 HH:MM:SSの形式で黄色または赤の数字が表示されます。

 

• 青い文字と数字の青いボックス:ビデオの解像度と1秒あたりのフレーム数(例:1080P30)

 

• 数字の付いた白い矢印ループ:周期的な記録時間セグメントを表示します。

 

• マイク:音声録音がオンになっています。

 

• 点滅するサークルは赤と黄色の切り替えのみです(OSDモードがオフの場合):カメラがビデオを記録しています。

 

• バッテリーアイコン:バッテリーの残量を表示します。 このアイコンには、電池のアイコンが消えて充電中であること、または充電器に接続されているときに電池なしで動作していることを示すアイコンが付いています。

 

• 時間:24時間制の現在時刻、HH:MM:SSを表示します。 バッテリーを交換すると、時刻は00:00:00にリセットされます。

 

• 日付:現在の日付をYYYY-MM-DDの形式で表示します。 バッテリーを交換すると日付がデフォルトにリセットされます。

 

• 文字Fのオクタゴン:モーション検出を「オン」にします。

 

• キー記号:削除中にビデオが保護されていることを示します。 注意:これは、メモリカードでフォーマットを実行するとビデオが削除されないことを意味しません。

 

 

カメラモードのアイコン

アイコンは、OSDモードが「オン」の場合にのみ表示されます。 OSDモードがオフになっている場合は、以下のようなアイコンは表示されません。

 

• 青色のカメラシンボル:カメラモードがアクティブ

 

• 数字と文字:メガピクセル単位のイメージサイズ(たとえば、12M)。

 

• バッテリーアイコン:バッテリーの残量を表示します。 このアイコンには、電池のアイコンが消えて充電中であること、または充電器に接続されているときに電池なしで動作していることを示すアイコンが付いています。

 

• 数字(最大6桁):選択したカメラ設定で撮影できる写真の残りの空き容量が表示されます。

 

• 数字の付いた黄色の時計面:時計の顔に表示された選択された時間間隔(秒単位)のキャプチャモード。 時計の顔が赤で数字が付いている場合は、赤い数字で示された時間間隔で撮影モードで撮影します。

 

再生モードのアイコン

アイコンは、OSDモードが「オン」の場合にのみ表示されます。 OSDモードがオフになっている場合は、以下のようなアイコンは表示されません。

 

青い矢印:再生モード。

 

赤い矢印:ビデオを再生します。

 

バッテリーアイコン:バッテリーの残量を表示します。 このアイコンには、電池のアイコンが消えて充電中であること、または充電器に接続されているときに電池なしで動作していることを示す記号が付いています。

 

• 白い文字と数字:画像の内容を確認するときに、ビデオコンテンツをレビューするときのビデオ解像度(たとえば、MOVファイルの場合は1080FHD)、イメージサイズ(JPGファイルの場合は2048X1536)を表示します。

 

ファイル名:ディスプレイの下部にある文字と数字の文字列。 ファイル名は次のようになります。
- YY_MMDD_hhmmss_XXX.MOV - 保護されていないビデオの場合。
- MMDD_hhmmss_XXX_EVE.MOV - 保護されたビデオの場合。
- YY_MMDD_hhmmss_XXX.JPG - 写真の場合。
略語凡例:YY =年、MM =月、DD =日、hh =時間、mm =分、ss =秒、XXX =ファイルシーケンス番号、EVE =保護されたビデオ、MOV =ビデオ、JPG =写真。

 

キー記号:選択したビデオが保護されていることを示します。
OSDモードがオフになっている場合は、画面下部に[開始と終了]アイコンが表示されます。 赤い矢印アイコンは、«Shutter / Select»ボタンを押してビデオを再生するときに表示されます。 「シャッター/セレクト」ボタンを押してビデオ再生を一時停止すると、青のポーズアイコンが表示されます。

 

そして行動

SJCAM M10には、さまざまなモードがあります。 モードを参照するには、目的のモードが見つかるまで、電源ボタンを繰り返し押します。 カメラの電源を入れたときのデフォルトモードは、「ビデオ録画」モードです。 電源ボタンを押すと、«写真撮影»、«再生»、«設定»モードが表示されます。 モードを選択するには、«シャッター/選択»ボタンを押します。

 

170万広角レンズ、4倍デジタルズーム、最大30メートルの水中抵抗、モーション検知センサー、および«防振»機能を備えた12メガピクセルプログレードCMOSセンサーは、毎秒 あなたの冒険の

 

アダプターに接続されている場合は、バッテリーなしでカメラを操作できます。 ズームは光学式ではなく電子式であることに注意してください。 レンズを調整するのではなく、録音や写真を拡大して切り抜くことで動作します。 カメラを防水ハウジングに入れる前に、充分に充電されたバッテリーとメモリが十分に残っていることを確認してください。

 

動作中のアクション

M10では、デフォルトで30fps(フレーム/秒)の高解像度1080pでビデオをキャプチャできます。 利用可能な他のビデオ解像度は、60fpsで1280x720、30fpsで1280x720、60fpsで640x480です。 «設定»メニューを使用して、ビデオ録画設定を選択します。

 

SJCAM M10を使用すると、サードパーティの別のデバイスやソフトウェアを使用せずに、タイムラプスビデオを制作することができます。 «設定»メニューを使用して、時間経過の設定を選択します。

 

«ビデオ録画»モードは、カメラの電源を入れたときのデフォルトモードです。 ステータス画面の左上隅にあるカムコーダーのシンボルによって示されます。 録音を開始するには、«シャッター/選択»ボタンを押します。 録音を停止するには、«シャッター/セレクト»ボタンをもう一度押します。 ステータス画面のカムコーダーのシンボルが消えます。

 

録画中にモードボタンを押すと、ビデオが誤って削除されるのを防ぎます。キーアイコンがディスプレイに表示されます。 «上へ»ボタンを長押しすると、最大4倍に拡大されます。 «Down»ボタンを長押しするとズームアウトします。

 

注意:メモリカードの空き容量が足りなくなったり、バッテリがなくなった場合、カメラは自動的に録画を停止します。

 

アクションをフリーズする

M10を使用すると、高品質で鮮やかな色で高解像度の12MP画像をキャプチャすることができます。 カメラの電源を入れ、写真撮影モードを選択します。 このモードは、ステータス画面の左上隅のカメラシンボルで示されます。 «Shutter / Select»ボタンを使って、«Single Shot»、«Self-Timer»、«Continuous(Burst)»の撮影を選択できます。

 

画像をキャプチャするには、«シャッター/選択»ボタンを押します。 «Single Shot»モードでは、1つのフレームがキャプチャされます。 「セルフタイマー」モードでは、好みに応じて3秒、5秒、10秒の遅れで画像が撮影されます。 «連続(バースト)»モードの場合は、«シャッター/セレクト»ボタンを押して、毎秒3,5,10、または30フレームの連続した画像をキャプチャします。このモードは、 スポーツフィギュア、動物、スピードオブジェクツなどを表示します。«アップ»ボタンを押し続けると、最大4倍にズームインします。 «Down»ボタンを長押しするとズームアウトします。

 

注意:メモリカードの空き容量がなくなった場合、またはバッテリがなくなった場合は、画像をキャプチャできなくなることを知らせるメッセージが表示されます。

 

アクションを再現する

録音が完了したら、キャプチャした内容を確認するにはいくつかの方法があります。 キャプチャしたコンテンツを転送または再生するには、カメラをコンピュータに接続します。 また、公式モバイルアプリ(AndroidとiOSで利用可能)を使用して、カメラを制御したり、録画したコンテンツを再生することもできます。 最後に、microSDカードを取り外してカードリーダーを使用して、記録されたコンテンツを転送または再生することができます。 キャプチャされたコンテンツは、ビデオの場合は業界標準の.mov形式で、画像の場合は.jpg形式であるため、複雑で高価なソフトウェアアプリケーションを使用せずに簡単に見直すことができます。

 

再生モードになるまで«モード»ボタンを押してください。 «Down»ボタンを押すと、次のビデオや写真に進みます。 «Down»ボタンを長押しすると、一度に複数のビデオや写真をスクロールできます。 各動画と写真のサムネイルが表示されます。 «Shutter / Select»ボタンを押して再生します。 青色の矢印アイコンが赤色に変わります。 «Shutter / Select»ボタンをもう一度押すと、ビデオ再生が一時停止します。 青いポーズ記号が赤い矢印に置き換わります。 «モード»ボタンを押すと、再生が停止します。 «Up»ボタンを押すと、前のビデオや写真に戻ります。

 

ビデオを見直しながら、«Down»ボタンを1回押すと2倍速で早送り(FF)、4倍速で2倍速になり、もう一度押すと8倍速で再生されます。 早送り中に«Up»ボタンを押すと、再生速度が1ステップ下がります。 再生中に«Up»ボタンを1回押すと2倍速で巻き戻し、4倍速で巻き戻すには2回、もう一度押すと8倍速で巻き戻します。 «Down»ボタンを押すと、巻き戻し速度が1ステップ下がります。

 

写真を見ながら、«下へ»ボタンを押して次の写真に進みます。«下へ»ボタンを押し続けると、一度にいくつかの写真を進めることができます。 [上へ]ボタンを押すと、前の写真またはビデオに戻ります。

 

HDMI接続を使用して録画されたコンテンツを確認するには、下の設定メニューセクションのTV出力設定を参照してください。

 

カーモード

このモードで使用すると、カメラは車両のフロントガラスを通して連続的にビューを記録する車載カメラになります。これは、吸盤や粘着テープマウントによって室内のフロントガラスまたはダッシュボードの上部に取り付けられます。 このようなカメラを使用すると、事故の際にビデオ証拠を提供する可能性があります。

 

«Car Mode»でM10を使用するには、«Setup»メニューが表示されるまで«Mode»ボタンを押します。 次に、「設定」メニューに入り、7ページに移動し、«車モード»を選択し、«オン»を選択します。 カメラを12Vアダプタに接続し、アダプタを車両の12Vコンセントに差し込みます。 カメラは、カメラのバッテリーの有無にかかわらず、«カーモード»で動作することができます。 車両を始動すると、カメラの電源が入り、自動的にビデオの録画を開始します。 あなたの車を止めると、録音は止まり、自動的に消えます。 録画中に手動でカメラの電源を切ることもできます。 「カーモード」で録音中は«カメラ»と«再生»モードが無効になり、設定を変更することはできません。 カメラが完全にシャットダウンした後は、手動で電源を入れて、カメラに電池が入っていれば正常に動作させることができます。

 

記録されたコンテンツの管理

録画したコンテンツをコンピュータに転送するには、マイクロUSB x USBケーブルを使用してカメラをコンピュータに接続します。 カメラが自動的にオンになり、カメラディスプレイのダイアログボックスに、カメラを«Mass Storage»デバイスとして使用するかPCカメラとして使用するかが尋ねられます。 «Mass Storage»をハイライトし、«Shutter / Select»ボタンを押します。 «Mass Storage»という言葉の青い画面がカメラに表示されます。

 

また、メモリカードを取り出して、コンピュータに接続されたカードリーダーに挿入することもできます。 「コピー」の代わりに「切り取り」コマンドを使用しない限り、ファイルはコンピュータにコピーされると自動的に削除されません。

 

選択したビデオと写真(保護されたコンテンツを除く)を削除するには、次の2つの方法のいずれかを使用できます。

 

• 再生モードでは、特定のビデオまたは写真に移動します。 «上へ»ボタンを押し続けると«現在の削除»、«全削除»か«キャンセル»のオプションが表示された«削除»ダイアログボックスが表示されます。 «Delete Current?»を選択し、«Erase This?»のメッセージが表示されたら«OK»を選択します。

 

• 再生モードで、削除する特定のビデオまたは写真に移動します。 モードボタンを押してセットアップメニューに進み、セットアップメニューの8ページの«削除»をハイライトし、«シャッター/選択»ボタンを押します。 削除ダイアログボックスが表示され、«現在の削除»または«すべて削除»のオプションが表示されます。 «Delete Current?»をハイライト表示し、«Shutter / Select»ボタンを押し、«Erase This?»と表示されたら«OK»を強調表示させ、«Shutter / Select»ボタンを押します。

 

記録されたすべてのコンテンツを削除するには、上記と同じ手順を実行し、«Delete Current?»の代わりに«Delete All?»を選択します。 これにより、あなたが保護しているコンテンツ、つまり«キー»アイコンを持つコンテンツを除いて、すべてのコンテンツが削除されます。 保護されたビデオを削除しようとすると、青いポップアップが「Protected!」と表示されます。 画面上にメッセージが表示され、ビデオをしばらく再生するまでモードボタンを使用してモードを変更することはできません。

 

保護されたビデオや画像を含むメモリカード内のすべてのコンテンツを削除するには、«設定»メニューに入り、8ページにナビゲートします。ここでは、«フォーマット»オプションを選択して、メモリカードを効果的にフォーマットします。 記憶されたすべてのコンテンツを不可逆的に削除します。 コンピュータからメモリカードをフォーマットすることもできますが、カメラを使用してメモリカードをフォーマットすることをお勧めします。

 

 

SETUP MENUSCREEN

 

● Setup 1/9

 

Resolution – 画像を生成するピクセルの列と行の物理的な数であり、「fps」はフレームレート、すなわち「秒あたりのフレーム数」であり、数であり、1秒あたりに表示される画像の数を示す。 解像度が高くなるほど高画質が得られますが、バッテリーをより早く消費します。

使用可能なオプションは次のとおりです。

- 1080p (1920*1080)@ 30 fps

- 720p (1280*720) @ 30/60 fps

- WVGA (848*480)@ 60 fps

- VGA (640*480) @ 60 fps

 

Cyclic Record – 音声を記録媒体に連続的に記録する処理。 記憶容量が満杯になると、記録プロセスは最初に記録し続け、前に記録された材料を上書きし、新しいコンテンツと置き換える。

 

HDR – 高ダイナミックレンジイメージング(HDR)は、標準のデジタルイメージングまたは写真技術で実現可能なものよりも大きなダイナミックレンジの光度を再現するために、イメージングおよび写真撮影に使用される技術です。

 

Motion Detection – 動き検出とは、物体の周囲に対する相対的な位置の変化または物体に対する周囲の変化を検出するプロセスである。 カメラをトリガして録画を開始するために使用できます。

 

● Setup 2/9

 

Audio – ビデオ録画のためのオーディオ設定を設定します。

 

Date Stamp – 特定のイベントがいつ発生したかを特定する情報。 有効にすると、記録されたコンテンツに日付と時刻が表示されます。

 

Capture Mode - シングルショット/セルフタイマー - «シングルショット»ですぐに写真を撮るか、«セルフタイマー»を使って3,5,10,20秒の遅れで撮影します。

 

Image Size – 写真のサイズを選択します。 使用可能なオプションは次のとおりです。

- 12MP 4032×3024

- 10MP 3648×2736

- 8MP 3264×2448

- 5MP 2592×1944

- 3MP 2048×1536

- 2MP 1920x1080

- 1.3MP 1280×960

- VGA 640×480

 

● Setup 3/9

 

Quality – 画像の品質を調整します。 利用可能なオプションは、«Fine»、«Medium»、«Standard»です。

 

Sharpness – 写真のディテールの明瞭さを説明し、テクスチャを強調する貴重な創造的なツールになることができます。 使用可能なオプションには、«強い»、«通常»、および«ソフト»があります。

 

White Balance – «WB»はイメージのトーン全体に影響を与える非現実的なカラーキャストを除去するプロセスで、実際には白いオブジェクトが写真の中で白くレンダリングされ、ハロゲンランプからカラーキャストが取り除かれます。 例えば、写真の中のすべてが少し黄色い。 利用可能なオプションには、«自動»、«昼光»、«曇り»、«タングステン»、«蛍光»があります。

 

Color – 画像の色を操作すると、ビューアに強い影響を与えるのに役立ちます。 選択可能なオプションは、«カラー»、«白黒»および«セピア»です。

 

● Setup 4/9

 

ISO – カメラワールドの用語として、カメラのフィルムまたはセンサーのスピードが記述されています。 この数値が高いほど、カメラの光がより敏感になり、暗い場所で撮影することができます。 しかし、ISOの数が多いほど画像にノイズが多く現れ、全体の品質が低下します。 注意して使用する必要があります。

 

Exposure – シャッタースピード、レンズ開口度およびシーン輝度によって決定される、写真フィルムまたは電子画像センサーに到達する単位面積あたりの光の量である。 露出はlux秒単位で測定され、指定された領域の露出値(EV)とシーン輝度から計算できます。 使用できる値は、±2、±5/3、±4/3、±1、±2/3、±1/3、+0です。

 

Face Detection – デジタル画像における人間の顔を識別する様々なアプリケーションで使用されているコンピュータ技術、すなわちアルゴリズムである。 最近のデジタルカメラの中には、オートフォーカスに顔検出を使用するものがあります。

 

Anti-Shaking – 写真の撮影中に手の動きを効果的に補う機能。

 

● Setup 5/9

 

QuickReview

 

DateStamp

 

Language – メニュー表示言語を選択します。 英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、簡体字中国語、日本語、繁体字中国語、ロシア語、韓国語、ポーランド語、チェコ語、スロバキア語、ハンガリー語、デンマーク語、オランダ語およびトルコ語。

 

Date/Time – カメラの時刻と日付を調整します。

 

● Setup 6/9

 

Auto Power Off – 自動カメラスイッチをオフにするオプション。 使用可能なオプションには、3,5、または10分の休止後に電源を切ることが含まれます。

 

Beep Sound – ボタンを押しているとき、または押しているときに、音響フィードバック音を鳴らします。

 

TV out – カメラとテレビとをUSBケーブルで接続することにより、テレビAV入力に適したアナログビデオ信号を提供する。

 

TV Mode – NTSCとPALの国際ビデオ標準を切り替えます。

 

● Setup 7/9

 

Screensavers – 30秒、1、3、または5分後に画面をオフにするかどうかを設定します。

 

Frequency – 周波数を50または60 Hzに設定するオプション。

 

Rotate – オンにすると、画面と録画されたコンテンツが回転します。

 

Car Mode – このモードで使用すると、カメラは車のフロントガラスを通して連続的にビューを記録する車載カメラになります。 それは、吸盤または接着テープマウントによって、内部フロントガラスまたはダッシュボードの上部に取り付けられてもよい。 このようなカメラを使用すると、事故の際にビデオ証拠を提供する可能性があります。

 

● Setup 8/9

 

OSD mode – オンスクリーンディスプレイ(OSD)は、スクリーン画像上に重畳された画像である。 電源を入れると、日付、バッテリーの状態、解像度、およびいくつかの追加情報が画面に表示されます。

 

License No set – あなたの車のナンバープレート番号を録画ビデオに入れるオプション。

 

Delete – メモリカードからビデオまたは画像の内容を削除します。

 

Format – メモリカードをフォーマットします(注意して使用すると、メモリカードに保存されているすべてのデータが消去されます)。

 

● Setup 9/9

 

Default Setting – カメラを工場出荷時の設定にリセットします。

 

Version – ファームウェアのバージョンを表示します。

 

SJCAM M10 WIFIアクションカメラ

● SJCAM M10 WiFiには、鮮明な写真を撮影し、素晴らしい1080Pビデオを記録するための12メガピクセルのセンサーがあります。 高精度超広角レンズを搭載したSJCAM M10 WiFiは、鮮やかな色合いですばらしい画像品質を提供します。

 

● M10 Wifiには、使いやすいUIがあり、1.5 "LTPS画面でナビゲートできます。 WiFi経由で携帯電話やタブレットPCを使用して写真や動画をコントロール、キャプチャ、共有します。 M10 WiFiの操作と画面の多くの選択肢は、あらゆる環境でM10 Wifiの使用を可能にします。

 

● SJCAM M10 WiFiは、自然の風景、スポーツイベント、FPV航空写真、ダッシュカメラの使い方、セルフ写真の楽しさなどをキャプチャするために、170度の広い視野を持っています。

 

● SJCAM M10 WiFiアクションカメラは、1920×1080でフルHD解像度記録を行います。 ワイドダイナミックレンジ(WDR)を使用すると、M10 WiFiで暖かく鮮やかな絵のようなシーンをキャプチャできます。

 

● 新しく設計されたSJCAM防水ケースを使用して最大30メーターまでダイビングしてください。 M10シリーズの防水ケースには、側面に3つのボタンがあるように再設計されています。
雨が降っているとき、ウォータースポーツとダイビングのために屋外での防水ケースが必要な場合でも、防塵ケースが必要な場合でも、SJCAM M10のWiFiケースをカバーしています。

 

● SJCAM M10 Wifiは、市販されている最もコンパクトなAction Camsの1つです。 1080Pのビデオ録画、HDMI出力、WiFi、コンパクトなキューブ内の無数の他の機能でのパッキングは容易ではありませんでした。
SJCAM M10 WiFiは、機能が堅牢で非常に小型のカメラを市場に出している、サイズを意識したAction Camユーザーに理想的です。

 

● M10 WiFi Burst Mode機能を使用して、1秒間に最大3枚の写真をキャプチャします。 この機能は、Xゲームの愛好家や、スポーツイベントや動物の写真を撮ったり、他の高速で動くターゲットを撮影したりするのが好きな人によく使用されます。

 

● SJCAM M10は、時間のかかる編集ソフトウェアを使用せずにタイムラプスビデオ録画を利用できます。 タイムラプスビデオモードは、自動的にタイムラプスビデオを生成する創造的な録画技術です。

 

●SJCAM M10 WiFiには手ぶれ補正機能が搭載されています。
 

 

SJCAM M10 WIFIの主な特長
• ミニ外観の多彩なカラーをご用意
• 新しいデザインの美しいUI
• NTK96655 + AR0330 DSPはヒーロー2よりも優れた画質
• 記録された魅力的なビデオを表示して再生する高精細画面
• 防水ハウジングは、魅力的なウォータースポーツを撮影することができます
• 複数の写真撮影モード:シングルショットスナッパータイムラプス
• 複数のビデオ録画フォーマット:1080P 720P WVGA
• HDMI HD出力機能をサポート
• 特定のUSB-to-AVケーブル(オプション)で録画中にAVアウトをサポートする
• 車モードでは、ダッシュ・カムとして完全に機能します。
• Webカメラ機能をサポート
• 交換が簡単で、カメラの寿命を延ばす取り外し可能なバッテリー
• 最大32GBのストレージカードをサポート(Micro SDカードClass4以上)
• ほとんどのマウントおよびアクセサリと互換性があります
• 水中30メートルまでの耐水性
• スマートフォンまたはIpad経由でユーザーが操作またはレビューできるWiFi機能

 

仕様:
• ディスプレイ(LCD)1.5インチ
• レンズ170 A + HD広角レンズ
• カラーホワイトゴールデンイエローブラックピンクブルーシルバー
• 言語英語/ドイツ語/フランス語/スペイン語/イタリア語/ポルトガル語/中国語繁体/簡体字中国語/日本語/ロシア語
• 解像度1080P(1920 * 1080)30FPS; 720P(1280 * 720)60FPS; VGA(848 * 480)60FPS; QVGA(640 * 480)60FPS
•ビデオフォーマットMOV
•ビデオのフォーマットH.264
• 写真12M / 8M / 5Mの解像度
• Storage Micro SD(含まれない)
• 撮影モードシングルショット。 セルフタイマー(2秒/ 5秒/ 10秒/ 20秒)
• 光周波数50Hz / 60Hzの周波数
• USBインターフェイスUSB2.0
• 電源インタフェース5V1A
• バッテリ容量900MAH
• 消費電力400mA 4.2V
• 録音時間1080P /約70分
• 約3時間の充電時間
• オペレーティングシステム(OS)Windows XP / VistaまたはWindows 7 / Mac OS
• 寸法59.27 * 41.13 * 29.28

 

 

YI HALO VRSQ8Q7

 

SJCAM M10 WIFI DV© «org-info.mobi»