P9000 ユーザーガイド

| 日本語 |

 

 

P9000 ミニカメラ

I. 製品の概要

1. マイクロフォン
2. 電源ボタン
3. カメラレンズ
4. F ボタン
5. R(リセット)ボタン
6. 黄色の指示ライト
7. 青色の指示ライト
8. マイクロ SD カードスロット
9. ミニ USB ポート

 

II. ボックスの中身に

1×会議レコーダーカメラ
1× USB/AV ケーブル
1× DC 5V 充電アダプタ

 

III. 操作

>> 使用する前に、カメラが完全に充電されていることを確認してください。

 

>> マイクロ SD カード(4GB-最大 64GB、初めて使用するまえに、カードメモリーを初期化してくたさい。)を確認してください。カメラの SD カードスロットに確実に装着されていない場合は、カメラが動作しません。SDHC クラス 10 マイクロ SD カードをお勧めします。

 

[注意]: 何らかの原因でマイクロ SD カードがカメラに装着されていないか、SD カードを読み取ることができない場合は、青と黄色の指示ライトが 4 回点滅した後消灯します。カメラが自動的に停止します。

 

3.1. 電源のオン/オフ

3.1.1. 2 秒間電源ボタンを押してカメラの電源をオンにします。 青色と黄色の指示ライトが 5 秒間点灯した後 黄色ライトは消灯し、青色のライトは点灯したままになり、カメラが自動的に待機モードに入ります。

3.1.2. カメラが記録中または待機モードの場合、7 秒間電源ボタンを押すとカメラの電源がオフになります。

 

[注意]: 待機モードになっている場合に、一分間何も操作しないと、カメラは自動的に停止します。

 

3.2. 720P 録画

3.2.1. 2 秒間電源ボタンを押してカメラの電源をオンにします。 青色と黄色の指示ライトが 5 秒間点灯します。その後 黄色ライトは消灯し、青色のライトは点灯したままになり、カメラが自動的に待機に入ったことを表わします。

3.1.2. 電源ボタンを一度押すと、1280×720P 解像度モードで録画します。青色の指示ライトが 3 回点滅した後消灯します。

3.1.3. もう一度電源ボタンを押すと、録画を停止します。青色の指示ライトが点灯したままになり、カメラが待機モードに戻ったことを表わします。

 

[注意]:

1). 映像ファイルが 5 分ごとに自動的に生成され、保存されます。
2).カメラは完全充電の場合に、5.5 時間連続録画できます。
3).ビデオ解像度: 1280×720P

 

3.3. 1080P 録画

3.3.1. 2 秒間電源ボタンを押すと、カメラの電源がオンになります。 青色と黄色の指示ライトが 5 秒間点灯します。その後 黄色ライトは消灯し、青色のライトは点灯したままになり、カメラが自動的に待機モードに入ったことを表わします。

3.3.2. 3 秒間電源ボタンを押すと、1920×1080P 解像度で録画します。黄色の指示ライトが 3 回点滅した後消灯します。

3.3.3. もう一度電源ボタンを押すと、録画を停止します。青色の指示ライトが点灯したままになり、カメラが待機モードに戻ったことを表わします。

 

3.4. スチール写真撮影

3.4.1. 2 秒間電源ボタンを押してカメラの電源をオンにします。 青色と黄色の指示ライトが 5 秒間点灯した後、黄色ライトは消灯し、青色のライトは点灯したままになり、カメラが自動的に待機モードに入ったことを表わします。

3.4.2. カメラボタンを一度押すと、スチール写真を撮ります。同時に黄色の指示ランプが一度点滅した後消え、青色のライトは点灯したままになり、カメラが待機に入ります→待機モードに戻ったことを表わします。

 

3.5. マイクロ SD カードの初期化

3.5.1. 2 秒間電源ボタンを押すと、カメラの電源はオンになります。 青色と黄色の指示ライトが 5 秒間点灯した後、 黄色ライトは消灯し、青色のライトは点灯したままになり、カメラが自動的に待機に入ったことを表わします。

3.5.2. 3 秒間カメラボタンを押すと、青と黄色の指示ライトは同時に最初に 4 回点滅した後 5 秒間点灯します。黄色の指示ライトは消灯して SD カードの初期化が完了したことを表します。

3.5.3. 青色のライトは点灯したままになり、カメラが待機に入ったことを表わします。

 

IV. ビデオ/画像ファイルのアップロード

4.1. カメラの電源を切って、マイクロ SD カードを取り外し、SD カードリーダーに挿入します。

4.2. PC コンピュータにカードリーダーを挿入します。

4.3. マイクロ SD カードは、取り外し可能なディスクドライブとして認識されます。

4.4. すべての画像ファイルは、「DCIM」フォルダでアクセス可能です。

 

V. 時刻/日付スタンプの設定

5.1. カメラをパワーオフして PC コンピュータに接続します。

5.2. 取り外し可能ディスクドライブのフォルダが表示されます。

5.3. ルートディレクトリ中のドライブをクリックして、ルートディレクトリの中に、

「TIMERESET.TXT」という名前のファイルを作成します。

5.4. 「TIMERESET.TXT」ファイル内に、現在の日付と時刻を正しい形式で書きます。

年月日時分秒 Y(例:20160412142432Y)。このファイルを保存します。

ビデオファイルのタイムスタンプを必要としない場合は、「TIMERSET.TXT」ファイル中の「Y」を「N」に変更します。

5.5. カメラを再起動すると、システムが自動的にプログラムを更新します。

 

VI. 充電のみ

6.1. カメラからのマイクロ SD カードを取り外します。

6.2. 付属の USB ケーブルと DC 5V 充電アダプタを使って、カメラを AC 電力ソケットの出力に直接接続します。

6.3.フル充電には 3 時間かかります。

6.4. 充電中は、青色の指示ライトが点灯し続けます。

6.5. カメラが完全に充電されると、青と黄色の指示ランプが点灯したままになります.

 

VII. 充電と同時に録音

7.1. カメラにマイクロ SD カードを挿入します。

7.2. 付属の USB ケーブルと DC5V1A 充電アダプタを使用して、カメラを AC 電源ソケットに接続します。

7.3. 青色の指示ランプが 3 回点滅したのち消灯して、カメラは 1280x720P 解像度でビデオを録画していることを示します。

7.4. 電源ボタンを一度押して、ビデオの録画を停止します。青色のライトは点灯したままになり、カメラが自動的に待機モードに入ったことを示します。

 

[注意]:充電中で(に)、あなたはカメラの他の機能を体験することができます。

 

VIII. 再設定

何らかの理由でカメラが反応しないか、正しく機能しない場合は、クイックリセットが通常の動作に復元します。

 

操作:一度 R(リセット)ボタンを押して、カメラをリセットします。青と黄色の指示ライトがオフになり、カメラは自動的に停止します。

 

IX. ライブビデオ出力

9.1. 付属の AV ケーブルを、カメラをテレビやモニターに接続します。

9.2. テレビやモニターのカメラ映像信号入力ジャックを選択してくたさい。

9.3. カメラの電源をオンにして、録画を開始(3.2 または 3.3 を参照)します。するとあなたは、ビデオ録画中に、テレビまたはモニター上で、カメラのライブビデオを見ることができます。

9.4. あなたは、ライブビューモードで、このカメラの他の機能を体験することができます。

 

 

SQ9SQ11
Q7SQ9SQ11

 

| En | Ru | Nl | De | Fr | Ro |
T189 ユーザーガイド © «org-info.mobi»